本文にジャンプします
メニューにジャンプします

双葉町教育振興基本計画(平成28年度~平成32年度)

双葉町教育振興基本計画(平成28年度~平成32年度)
(2016年2月29日更新)
 双葉町は東日本大震災及び福島第一原子力発電所の事故により避難を余儀なくされ、幼稚園、小学校・中学校の子供たちは全国38都道府県に区域外就学をしている状況にありますが、震災後臨時休校していた幼稚園・小学校・中学校を4年ぶりにいわき市に開校しました。
 平成27年度に「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」が改正され、すべての地方公共団体に設置された「総合教育会議」において、教育に関する「大綱」に代わる「双葉町教育振興基本計画」を策定し、双葉町本来の充実した教育に取り組んでいきます。

 この双葉町教育振興基本計画では、本町を担う「求められる人材の育成」をめざし、更に各分野における教育機能を一層高めるため、この教育基本構想(平成28年度~平成32年度の長期計画)を実践する施策として「基本施策(双葉町の教育8つの柱)」を定め、それぞれの基本施策に対する具体策を設定し取り組んでいきます。

 ≫平成28年度~平成32年度双葉町教育振興基本計画 (8.26MB)