本文にジャンプします
メニューにジャンプします

学校教育の充実を目指して(その31)_教育長メッセージ(2016年9月1日)

学校教育の充実を目指して(その31)_教育長メッセージ(2016年9月1日)
(2016年9月6日更新)

 町立学校に在校する子どもの数は現在39名(幼稚園8、小学校20、中学校11)です。小学生が昨年度比11名増え、全学年に児童がいます。次年度への入学希望者も出てきています。詳細は、町のホームページをご覧下さい。お子様の町立学校への入学、教育の相談については、是非教育総務課へ。不登校傾向や発達障がい等、様々な問題に全力で対処していきます

※担当:横田指導主事 TEL:0246-84-5210


 ニュージーランド研修旅行記 

 

 15年振りの再開

 「双葉町の子ども達に是非海外研修を経験させたい。世界の広さ、英語を学ぶことの楽しさ、大切さを実感させたい。」2年前、いわき市に町立学校を開校して以来ずっと思い抱いたことがようやく実現しました。

 行先は当初からニュージーランドに決めていました。震災前双葉町では、平成5年から13年までの9年間、中高校生をニュージーランドに派遣しており、かつて引率者として旅行に参加した時の自分自身の印象が強く残っていたからです。ニュージーランドの素晴らしい自然、文化、歴史そして1週間生きた英語に触れることは、参加者にとって大きな経験になることはもち論のこと、今後の意欲的な生き方、考え方への動機づになるに違いない、という強い思いがあったのです。

 
 研修旅行の内容

 今回の研修旅行では、前回の自分の経験を踏まえ、学校訪問およびホームステイ、そして南北両島での観光を含めたプランを立て旅行業者に相談し、ホームステイを1日少なくし5泊7日(以前は6泊8日)のプランで実施することにしました。また、震災後初めての海外研修ということで、対象を中学生のみとし無理のないプランにしました。その後全国から参加者を募った結果、14名の応募があり、審査会を経て全員の参加を認めることになりました。内訳は町立学校から6名、他の避難先から8名の計14名です。長野、神奈川、埼玉、茨城各県からの参加もありました。人数はほぼ予想通りで、引率者は町から自分と横田指導主事の2名、町立学校から英語教師の松本先生1名の計3名で臨むことにしました。
 

 驚きと感動、学びの研修

 今回の研修を一言で言えば、驚きと感動そして学び研修」と言えるのでなないか、と思います。南島では、どこまでも続く一直線の道路と両端に広がる緑の牧草地と牛や羊、アルパカ等、見たこともない程多くの家畜の群れに先ず驚き、遠くに見える、美しい雪がまぶしく光る山々に感動し、北に向かえば、色とりどりのヨットが浮かぶ青い海、まるで上質の絵画を見ているような独特の風景は中学生の脳裏に強く焼きついたに違いありません。学校訪問では、日本ではあまり見られない、小学校から高校まで12年間の教育制度の学校とマオリ族の歌と踊りのコンテストに備え、まるで日本の学校のように厳しい練習に打ち込む子ども達の姿に再び驚き、更には、豪華なホテルと食事、鍾乳洞で不思議な光を放つツチボタルや間欠泉、19種類もの羊を1匹ずつステージに登場させてのエンターテインメント等々、枚挙のいとまがありません。農業体験のできるファームステイ(ホームステイ)では、200頭ものエルクを飼育するホスト、鮮やかな色彩の装飾品や立派な家具それに200坪はあろうかという一面芝を張りつめた広い庭園を持つホスト、子ども達は家畜の世話や庭園の手入れ等、英語の格闘も含めて十分に実のある体験になったはずです。ニュージーランドの人々のフレンドリーな笑顔も忘れられない思い出ではなかったか、と感じています。

  
 海外旅行成功の条件

 海外旅行やホームステイ等の経験を充実させるための条件として、体力、ずうずうしさ、好奇心」の3つを挙げましたが、今回の参加者は皆、この条件をクリアできたのではないか、と感じています。5泊7日の研修は、飛行機での長旅や緊張を強いられるファームステイ等の経験等、体力的には楽ではなかったはずですが、研修期間中、皆元気がみなぎっていました。食事についても、日本では考えられない程のボリュームのある食事を毎日殆ど残さず食べ、中にはホストファミリーも驚きの食欲を見せていた生徒もいました。観光地やファームステイでの英語会話も間違いを恐れず堂々と対応する姿が見られました。常に我が道を行くかのごとく単独行動を好む生徒もおり、皆3つの条件を十分にクリアできており、彼らのたくましさ、学ぶ意欲は引率者全員が納得するものでした。すべてのプログラムを終えての参加者の感想もすべてが充実感に満ち溢れており、出発前よりかなり成長した姿がうかがえ、事業を企画し引率した者にとっての大きな喜びです。参加者には、今回の旅行で得られた感動、意欲を今後も持ち続け、様々なことにチャレンジしていって欲しいと願っています。もちろん、次の海外旅行や長期留学も含めてそれぞれの夢や目標としていって欲しいと思います。

                                     双葉町教育長 半谷 淳