本文にジャンプします
メニューにジャンプします

夢と希望のある「学び」へ_教育長メッセージ(2020年4月1日)

夢と希望のある「学び」へ_教育長メッセージ(2020年4月1日)
(2020年4月1日更新)

~ 教育長メッセージ ~

 夢と希望のある「学び」へ

 令和2年度がスタートしました。2020年は、双葉町にとって、避難指示解除準備区域と帰還困難区域の一部区域ではありますが避難指示が解除され、常磐双葉インターチェンジの供用開始、JR常磐線が全線運転再開しJR双葉駅も新しい駅舎に生まれ変わりました。これを契機に、教育行政においても、兼ねてより懸案事項であった、町内学校施設等の私物や備品の整理を今夏に着手いたします。町内での学校再開に向けては、一つ一つ丁寧に議論しながら取り組んでまいります。

 いわき市錦町にて再開している町立学校も7年目を迎えました。現在、新入生はもちろん、進級した在校生を迎え入れるため、4月6日の、幼稚園の入園式及び小・中学校の合同入学式と始業式の準備を進めているところです。ただ、この度の「新型コロナウィルス感染予防対策」のため、人数の規模を縮小し、万全なる感染症予防対策を取りながら進める予定でおります。県内外の多くの双葉町の幼児、児童・生徒の皆さんも、それぞれの就学先で夢と希望に胸を膨らませ、学校生活を楽しみにしていることと思います。

 保護者の皆さまからも温かい励ましの言葉をお願いいたします。町立学校の教職員組織も新体制になりましたので、次号にてご報告したいと思います。

 また、生涯学習に係る各自治会や婦人学級におきましても、新年度の組織並びに年間計画の策定をよろしくお願いいたします。生涯学習・社会教育・学校教育に携わる人々が一体となって連携協力し、幼児期から義務教育、義務教育から生涯学習へと学びが連続的に繋がり充実するよう『つながる学び』をそれぞれの場面でサポートして参りたいと思いますので、今後とも、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

 

 

双葉町の教育基本計画における重点施策  

 2020年は、5年計画の第5年次(最終年)として、次に示す重点施策を推進しながら、その実績をまとめ課題を明確にして、次期教育基本計画の策定の準備をいたします。

 

【学校教育】

めざす子どもの姿

常に目標を持ち 意欲的に 学び続ける子供

 子どもたちが、やがて社会人として成長したとき、地域やいろいろな職場から「求められる人材」に育てるため、幼児期から中学校までの学びが連続する教育活動を展開する。

 

【生涯学習】

めざす町民の姿

生涯を通じて 健康で 学び続ける町民

 町民が、「いつでも、だれもが」学びたいと思う環境をつくり、生涯にわたる豊か な学習活動とスポーツライフを支援する。