本文にジャンプします
メニューにジャンプします

令和3年5月20日から避難情報の名称が変わります

TOOLCLOSE
MENUCLOSE
町民一人一人の復興"と"町の復興"をめざして

令和3年5月20日から避難情報の名称が変わります
(2021年5月19日更新)

 令和元年東日本台風(台風19号)等の災害において、避難情報の内容が分かりにくく、住民の速やかな避難行動につながらなかったことを受け、国は災害対策基本法の一部を改正し、住民が情報の意味を容易に理解できるよう「避難情報に関するガイドライン」を策定し、5月20日から、新たなガイドラインに基づき「避難情報」を発令します。 

 

「避難勧告」と「避難指示」は『避難指示』に一本化されます

 

 水害や土砂災害時に市町村が発令する避難情報について、警戒レベル4の「避難勧告」を廃止し、 「避難指示」に一本化するなど、住民にわかりやすく発信することになります。

 

 なお、住民が取るべき行動については、従来どおり5段階に区分し、「警戒レベル1~2」は住民が最新の気象情報に注意したり、ハザードマップや避難場所などを確認する段階と位置付けています。

 

 「警戒レベル3~4」は市町村からの避難情報の発令に基づき、危険な場所にいる人が実際に避難行動を取る段階とし、 レベル3の高齢者等避難は「高齢者など避難に時間を要する人は避難を開始する(高齢者等以外の人も必要に応じ普段の行動を見合わせたり、避難の準備をしたり、自主的に避難する)」段階、レベル4の避難指示は「全住民が速やかに避難する」段階で、この時点で避難を完了する必要があります。

 

 「警戒レベル5」の緊急安全確保は、既に安全な避難ができず命が危険な状況に達し、「命を守る最善の行動を取る」段階としています。

 

 警戒レベルに注意し、避難先市区町村や発令時に滞在している市区町村から発令される避難情報を確認のうえ、最善の行動をとってください。

 

 

 ▶ 新たな避難情報に関するチラシ.pdf(564KB) 

 

 

関連情報

避難情報に関するガイドライン(内閣府防災情報のページ)

避難行動判定フロー・避難情報のポイント.pdf(1241KB)

避難行動判定フロー(小学生向け).pdf(537KB)

新型コロナウイルス感染症が収束しない中における災害時の避難について.pdf(152KB)