本文にジャンプします
メニューにジャンプします

双葉農業振興地域整備計画の総合見直しについて

TOOLCLOSE
MENUCLOSE
町民一人一人の復興"と"町の復興"をめざして

双葉農業振興地域整備計画の総合見直しについて
(2021年7月21日更新)

双葉町農業振興地域整備計画見直し期間中の農用地利用計画の変更申出について

  双葉町では震災の影響により平成20年3月以降実施していなかった「双葉農業振興地域整備計画」の総合見直しを令和4年4月から令和5年3月まで実施いたします

 

※農業振興地域整備計画の見直し期間中は随時変更(個別的な農用地区域の除外)及び軽微な変更(個別的な用途変更)を行うことができなくなり ますので農用地区域内に資材置場等の建築をお考えの方は、手続き時期にご注意ください。

 

受付休止期間

令和4年4月~令和5年3月

 

農用地区域の除外及び個別的な用途変更の予定がある場合

 農業振興地域整備計画変更の受付については次の期間のみとなります。

ご理解、ご協力をお願いいたします。 

 

受付期限

令和3年9月30日(木)17:00まで

 

受付場所

双葉町役場農業振興課

 

提出書類

農用地利用計画変更申出書 

(農用地区域除外‥様式3号)(27KB)

(用途区分の変更‥様式5号)(27KB)

 

提出部数

各2部ずつ  

 

農業振興地域整備計画について

農業振興地域整備計画とは

 農業振興地域整備計画とは優良な農地を保全するとともに、農業振興のための各種施策を計画的に実施するために市町村が定める総合的な計画です。この計画の中で定めている農用地利用計画は、今後10年以上にわたり農業上の利用を確保すべき土地及び農用地区域内の農業上の用途を指定している計画で、おおむね5年に一度の総合見直しが必要になります。この計画で「農用地区域」に指定されている土地に資材置場等の建築をされるときには農地転用許可申請の前に農用地区域からの除外(農振除外)が必要となります。

 また、農機具倉庫や農業用ハウス、堆肥舎など、農業用施設を建築する場合は「用途区分の変更」手続きが必要となります。

 

農用地区域から除外するには

  農用地区域から除外する場合には、次の要件をすべて満たすことが必要です。

1. 具体的な計画と緊急性があり、他に代わる土地がないこと。

2. 農用地の集団化、農作業の効率化その他土地の農業上の効率的かつ総合的な利用に支障を及ぼすおそれがないこと。

3. 農業経営を営む者に対する農地の利用集積に支障を及ぼすおそれがないこと。

4. 農用地区域内の土地改良施設(用排水路・農道等)の有する機能に支障を及ぼすおそれがないこと。

5. 土地改良事業の工事が完了し、完了公告された翌年度から8年を経過した土地であること。

6. 建築基準法、農地法等、他の法令の許可見込みがあること。

 

※農用地区域の除外の審議は、施設の内容・必要性・代替性・周辺の農地への影響など様々な要素から協議されます。

 計画地や用途によっては申出を受付できない場合もあります。 

 

お知らせ[農業振興地域整備計画の見直しについて](450KB)

 

事前にご相談ください。