本文にジャンプします
メニューにジャンプします

野生山菜の出荷管理の徹底について(福島県からのお知らせ)

野生山菜の出荷管理の徹底について(福島県からのお知らせ)
(2019年5月16日更新)
 東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う出荷制限等品目の出荷管理については、すでに町ホームページ等により周知していますが、先日、イベント会場の露店で出荷制限品目が販売されている事案が発生しました。

 これに伴い福島県から制度の周知徹底の依頼がありましたので、
イベント等での野生山菜類を販売する場合は下記の事項に留意してください。

                   記

(1)農林水産物の集出荷や譲渡に当たっては、出荷制限市町村で産出されたものでないことを
  必ず確認すること。
(2)出荷制限品目は、自主検査により基準値(100㏃/kg)以下であることを確認した場合でも
  出荷(譲渡や加工食品用原料なども含む)を行わないこと。
(3)野生山菜について、食品表示法に基づく名称、原産地を表示すると共に
  取引先、入荷量、販売量等を記録しておくこと。



   <最新の出荷制限品目等のリスト>