本文にジャンプします
メニューにジャンプします

手足口病が流行しています

手足口病が流行しています
(2019年7月5日更新)
 福島県感染症発生動向調査週報2019年第26週(6/24~6/30)において、
県内の手足口病の報告数は417件で、国が定める警報レベルを超えました。
また累計患者数は昨年同時期の4.7倍となっています。

手足口病とは

 乳幼児を中心に夏季にみられる、急性ウイルス感染症です。感染してから3~5日後にほほの内側や舌、手足などに2~3mmの水疱性の発疹が現れます。発熱は1/3程度にみられますが、多くは数日間で治る病気です。
 しかし、まれに髄膜炎や脳炎などの中枢神経の合併症のほか、心筋炎、急性弛緩性麻痺などさまざまな症状が出ることがあります。
 また、手足口病の典型的な症状がみられずに重症になることもありますので、注意してください。

感染経路


 1.飛沫感染(ひまつかんせん・咳やくしゃみで飛び散ったウイルスが口に入って感染すること)
 2.接触感染
 3.糞口感染(ふんこうかんせん・便中に排泄されたウイルスが口から感染すること)が知られています。
 ※特にこの病気にかかりやすい年齢層である乳幼児が、集団生活をしている保育施設や幼稚園などでは
 注意が必要です。


予防対策

  1. 手洗いは流水と石けんで十分に洗うこと。
  2. タオルの共用をしないこと。
  3. おむつ交換の際には、使い捨て手袋を使用し、排泄物を他の者が触ることのないようビニール袋等に入れ、口をしっかり閉めること。処理をした後は手洗いをしっかり行うこと。

※手足口病は治っても比較的長い間、便の中にウイルスが排出されるので、日頃からのしっかりとした手洗いが大切です。