本文にジャンプします
メニューにジャンプします

風しんの追加的対策事業のお知らせ

風しんの追加的対策事業のお知らせ
(2019年8月2日更新)
▶平成30年7月以降、関東地方を中心に風しん患者の報告数が増加しています。その中でも、予防接種の機会がなく十分な抗体を持っていない30~50代の男性の患者が多く確認されています。

▶風しんは感染力が強く、職場や電車など人が多く集まる場所で多くの人に感染する可能性があり、成人が感染すると症状が重くなることがあります。また、風しんに対する免疫が不十分な女性が、妊娠20週ごろまでに風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが「先天性風しん症候群」にかかる可能性が高くなります。

▶風しんの予防にはワクチンが有効です。国は、これまで風しんの予防接種を受ける機会が無かった方を対象に無料で抗体検査を実施し、抗体のない方に対する予防接種を実施することとしました。

風しんから自分自身と周りの人を守るため、抗体検査を受けてください。

1.風しん抗体検査について

対象者
 双葉町に住民登録がある1962(昭和37)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれの男性。
 今年度は
1972(昭和47)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれの男性に対してクーポン券を送付いたします。

※ただし以下の内容に当てはまる方は、検査及びワクチン接種の対象外です。
 ▶過去に「風しん予防接種の接種費用の助成」を受けた方
 ▶過去に検査し「十分な抗体がある」という記録がある方

実施期間
 令和元年8月1日から令和2年3月31日まで

料金
 無料

実施回数
 1人1回

実施場所
 事業所健診や町の特定健診の機会、または全国の登録医療機関(厚生労働省ホームページ「風しんの追加的対策」参照)で受けることができます。事前に予約が必要ですので、各自お問い合わせください。

必要なもの
  1. 住所・氏名が確認できる書類(運転免許証、健康保険証など)
  2. 双葉町が発行するクーポン券(忘れずに持参してください)

2.MR(麻しん風しん混合)ワクチン接種について

対象者
 双葉町に住民登録がある1962(昭和37)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれの男性で、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方

実施期間
 令和元年8月1日から令和2年3月31日まで

料金
 無料

実施場所
 全国の各登録医療機関(事前に予約が必要です)
 詳しくは厚生労働省ホームページ「風しん追加的対策について」をご覧ください。

必要なもの
  1. 住所・氏名が確認できる書類(運転免許証、健康保険証など)
  2. 双葉町が発行するクーポン券(忘れずに持参してください)
  3. 風しん抗体価が低いことが確認できる検査結果等

3.クーポン券発行の申請について

 今年度クーポン券送付対象者以外の方(1962(昭和37)年4月2日~1972(昭和47)年4月1日生まれ)で、風しん抗体検査や予防接種を希望される場合、クーポン券が必要となります。双葉町役場健康福祉課健康づくり係 0246-84-5205へ直接お電話にてお申込みください。

申込み期間
 令和2年2月28日まで