本文にジャンプします
メニューにジャンプします

「双葉駅西側地区災害公営住宅等設計業務委託」公募型プロポーザルの実施のお知らせ

「双葉駅西側地区災害公営住宅等設計業務委託」公募型プロポーザルの実施のお知らせ
(2019年11月26日更新)
~双葉の新たな可能性を追求し、復興を超えた地方創生のモデルを示す、帰還したくなる持続可能なまちづくり~


東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故により、現在に至るまで避難指示が継続している双葉町は、復興を必ず実現する決意のもと、令和4年春頃に一部区域の避難指示解除及び居住開始を実現し、復興のスタートを切ることを目指しています。

その際、JR双葉駅西側に、先行的に帰還できる町の新たな中心地を整備することとし、地方創生のモデルにもなりうる、多様な主体による持続可能なまちづくりの実現をめざしたいと考えています。

本プロポーザルは、それを具現化するべく、まちの在り方や配置、周辺の自然環境等を踏まえたランドスケープデザイン、住宅設計等、建築や都市設計などを総合した、分野横断的に広い意味での「まちづくり」を形づくる提案を募り、優秀と認められる方を、災害公営住宅等の設計者として選定することを目的としています。

参加表明書の提出期間
令和元年11月19日(火)から令和元年12月16日(月)※必着

現地見学会について


【開催日時】
令和元年11月29日(金)
  • 1回目 10:00~
  • 2回目 13:00~
【見学会の申込期間】
令和11月19日(火)~令和元年11月27日(水)16:00まで
本プロポーザルに関する詳細については、こちら(福島県ホームページ)からご確認をお願いします。