本文にジャンプします
メニューにジャンプします

町長の活動状況

TOOLCLOSE
MENUCLOSE
町民一人一人の復興"と"町の復興"をめざして

町長の活動状況

 全国町村会長である荒木泰臣熊本県嘉島町長が8月30日に福島県を訪れ、双葉町内を視察されました。
 伊澤町長は、東日本大震災から11年5カ月ぶりに特定復興再生拠点区域が本日避難指示解除されたことを説明しながら、役場新庁舎内やJR双葉駅周辺を案内しました。視察には県町村会長の遠藤智広野町長、吉田淳大熊町長、吉田栄光浪江町長が同行されました。

 

 

2022年8月30日

 8月30日午前0時に特定復興再生拠点区域の避難指示が解除されたJR双葉駅前において、午前10時には暮らしの安全・安心の確保に向けて防犯・防火パトロールの出動式を行いました。
 伊澤町長は「既に1月からの準備宿泊により、生活を始めている町民の方もおりますが、来週9月5日には、双葉町役場の本格的な業務もここ双葉町で始まることから、より多くの人の往来が予想されます。新ためて皆さまには、巡回の強化をお願いいたします」とあいさつを述べました。

 

2022年8月30日

 8月30日午前0時に町内の帰還困難区域にある特定復興再生拠点区域の避難指示が東日本大震災から11年5カ月ぶりに解除になりました。
 29日夜は、町民有志によるイベント「おかえりプロジェクト」が開催され、特定復興再生拠点区域の避難指示の解除を記念し号外を配布したり、キャンドルナイトや午前0時にはお集りいただいた皆さんとともにカウントダウンで祝いました。

 

 

2022年8月30日

2022年8月27日 役場新庁舎開庁式

 8月27日、JR双葉駅前の役場新庁舎において秋葉賢也復興大臣、西村康稔経済産業大臣、内堀雅雄福島県知事など約80人のご来賓の方々のご臨席のもと双葉町新庁舎開庁式を挙行いたしました。
 オープニングでは、コーラスふたばが国歌と町民の歌を合唱。伊澤町長が「この新庁舎の開庁とともに、職員一同が、新しい未来の双葉町の姿を目指して、町の復興に向け、より一層、尽力すると同時に町民の皆様に親しまれ、多くの方々との交流が深められるまちづくりの拠点となるよう、努めてまいる所存です」と式辞を述べました。
 大臣等の来賓あいさつに続き、震災前の平成23年1月4日の仕事始めに目入れをして旧庁舎に置いてあった双葉ダルマに目入れを行い、玄関前で来賓の方々とテープカットをして役場新庁舎の開庁を祝いました。

 

 


2022年8月27日

 8月26日、友好町である京都府京丹波町の畠中源一町長が、27日の新庁舎開庁式に出席するため双葉町を訪れ、伊澤町長の案内で新庁舎内やJR双葉駅周辺を視察されました。
 伊澤町長は「11年5カ月の月日を経て役場機能を町内に戻すことができるのも京丹波町をはじめとする多くのご支援があったお陰です」とこれまでの京丹波町のご支援に感謝を申し上げながら新庁舎内を案内し、JR双葉駅、駅西地区に建設中の災害公営住宅、再生賃貸住宅などの建設している様子を見ていただきました。

 

2022年8月26日