本文にジャンプします
メニューにジャンプします

町長の活動状況

TOOLCLOSE
MENUCLOSE
町民一人一人の復興"と"町の復興"をめざして

町長の活動状況

 1月25日、浅野撚糸株式会社浅野雅巳社長とともに、ボランティアで演奏活動を数多く経験し、被災地の復興支援を行っているソプラノ歌手のあすみ和希さんが、双葉町役場を訪れの伊澤町長と面談しました。
 伊澤町長は震災からの双葉町の復興状況を説明し、「多くの方々に双葉町に来ていただき、町の状況をみていただくことは大変ありがたい。ぜひ双葉町でも公演を行っていただきたい」と話しました。

 

2024年1月25日

2024年1月23日 企業立地セミナー

 1月23日、東京大手町プレイスカンファレンスセンターにおいて福島イノベーションコースト構想企業立地セミナーin東京が開催されました。
 基調講演は、双葉町の立地企業である浅野撚糸株式会社代表取締役の浅野雅巳氏の「岐阜の町工場の企みin双葉」と題して講演が行われました。
 企業立地セミナーに参加した皆さんとの名刺交換会も行われ、伊澤町長は中野地区復興産業拠点についてPRしました。

2024年1月23日

 1月22日、株式会社WorldLink&Company(ワールドリンクアンドカンパニー)が、中野地区復興産業拠点に建設した福島サービスセンター「スカイリンクハンガー福島」が開業し、内覧会が行われました。
 スカイリンクハンガー福島は、「ドローンの総合サポート拠点」と位置付けられ、ドローンの修理やメンテナンスを行う事務所と工場、保管倉庫のほかテスト飛行を行う敷地を備えています。
 内覧会に参加した伊澤町長は、施設の見学や実際にドローンを操縦し、「非常に将来有望な企業が双葉町に来てくれたと大いに期待しています」と述べました。

 


2024年1月22日

 1月19日、双葉町と東北大学グリーン未来創造機構は、連携・協力し、地域の様々な課題に対応し、震災と原子力災害からの復興・地域の活性化を図ることを目的とした包括連携協定を締結しました。
 伊澤町長は「東北大学には協定締結以前から様々な形で双葉町の復興を支援していただいおりますが、ますます連携を密にし、町の復興が飛躍的に進むことを期待しています」と述べ、湯上浩雄機構長と、協定書に署名を行いました。

 


2024年1月19日

 1月15日、伊澤町長は徳永副町長、平岩副町長とともに加須市役所を訪問し、角田守良市長、萩原利一副市長、小野田誠教育長に新年のあいさつをし、双葉ダルマを贈りました。
 また、小坂裕議長、金子正則副議長へ新年のあいさつを行いました。
 伊澤町長は、日ごろから双葉町民がお世話になっていることや、加須市からのさまざまなご支援に対し御礼を申し上げるとともに、双葉町の復興状況について説明いたしました。

 


2024年1月15日