本文にジャンプします
メニューにジャンプします

町長の活動状況

TOOLCLOSE
MENUCLOSE
町民一人一人の復興"と"町の復興"をめざして

町長の活動状況

2022年10月26日 双葉町町民作品展

 10月26日、27日の両日、郡山市ビックアイにおいて双葉町芸術文化団体連絡協議会主催による第33回双葉町総合美術展、第7回双葉町民作品展が3年ぶりに開催されました。
 町長代理として出席した平岩副町長は「コロナ禍により3年ぶりの開催となりましたが、展示された作品の1つひとつがすばらしい芸術作品であり、このような作品展が開催されることは、町としても大変喜ばしいことです。ご尽力いただいた皆さまに感謝申し上げるとともに今後とも双葉町の芸術文化を継承していく取り組みをお願いいたします」とあいさついたしました。

 

 

2022年10月26日

2022年10月22日 町立学校「栴檀祭」

 10月22日、町立学校体育館において「見えない力を一つに 手を取り合い輝かせよう 僕らの栴檀祭」をスローガンに園児、児童、生徒の日頃の学習の成果を発表する「栴檀祭」が開催されました。
 徳永町長職務代理者は、「栴檀祭は子どもたちの日ごろの学習の成果が発表される場であり、楽しく見せていただきました。コロナ禍の中でも伸び伸びと活動している様子や成長した頼もしい姿が感じられ大変うれしく思います」とあいさつし、子どもたちの発表に拍手を送りました。

 

 

 

2022年10月22日

 10月14日、浜野行政区内において大規模火災消化対応訓練が実施され、帰還困難区域で大規模な林野火災が発生した際に、福島県消防ヘリや自衛隊などへの応援要請を想定して行われました。
 伊澤町長は、災害本部長として双葉町産業交流センターでの会議に出席するとともに訓練の状況を確認して回りました。
訓練終了後の閉会式では、「双葉町の85%が未だ帰還困難区域です。近隣の被災自治体においても帰還困難区域が残っており、ひとたび火災が起きれば、大規模火災に至ることが想定されます。今回の訓練の成果を踏まえて、引き続き、各々の消防力の充実・強化に努めていただきますようお願いします」と述べました。

 

 

2022年10月14日

 10月13日、秋葉賢也復興大臣、竹谷とし子副大臣が町内を視察されました。
 伊澤町長は、産業交流センターの屋上展望台から町内の復興状況について説明した後、特定復興再生拠点区域外の石熊地区の民家を案内し、11年以上の月日が経過して荒廃した状況を見ていただきました。
 移動の途中には、旧商店街を車中から見ていただくとともに、JR双葉駅周辺や駅西住宅を歩きながら復興の状況を説明し、今後も双葉町の復興についてご尽力いただくようお願いいたしました。

 

 

2022年10月13日

 10月12日、加須市選出の野中厚農林水産副大臣が新庁舎を訪問され、伊澤町長、伊藤議長と懇談しました。
 伊澤町長は伊藤町議会議長とともに、野中副大臣に双葉町の農業の復興等に向けた重点要望として、財政支援、人的支援、水路等農業用施設の早期復旧、帰還困難区域の除染・伐木除草等について要望書を手交いたしました。

 

 


2022年10月12日