本文にジャンプします
メニューにジャンプします

町長の活動状況

町長の活動状況

2019年10月31日 一橋大学特別講義

 10月31日、一橋大学西キャンパスにおいて特別講義「自然資源経済論4.」において、講師として伊澤町長が「福島原発事故から8年半余―双葉町の復興と再生への課題―」と題して約300人の学生などの前で双葉町の現状や復興について講演を行いました。講義終了後には質疑応答や意見交換会なども行われ、質問に対して丁寧に答えました。
画像001 画像002
画像003

2019年10月31日

 10月31日、双葉町芸術文化団体連絡協議会主催による総合美術展と町民作品展覧会が郡山市の郡山ビッグアイにおいて開催されました。
 伊澤町長は、出品された町民の皆さんのご労苦に感謝を申し上げるとともに、数々の素晴らしい作品の出来栄えに感動しながら鑑賞いたしました。

2019年10月31日

 10月30日、いわき事務所において、あぶくま信用金庫と地域活性化と住民サービスの向上を目的に地域密着に関する総合連携協定を締結いたしました。協定には人口減少対策・地域経済活性化、地域産品の販売・観光の振興、災害対策、地域や暮らしの安全・安心、その他地域社会の活性化と住民サービスの向上が盛り込まれています。

 伊澤町長は、「避難指示解除後に向けて今後さらに密着し、連携していきたい」と述べました。
画像001 画像002

2019年10月30日

2019年10月26日 町立学校「栴檀祭」

 10月26日、町立学校体育館において「心を1つに届けよう!感動のステージを!」をスローガンに園児、児童、生徒の日頃の学習の成果を発表する「栴檀祭」が開催されました。
 伊澤町長は、「栴檀祭は子どもたちの日ごろの学習の成果が発表される場であり、楽しみにしていました。伸び伸びと活動している様子や成長した頼もしい姿が感じられ大変うれしく思います」とあいさつし、子どもたちの発表に拍手を送りました。
画像001 画像002
画像003 画像004

2019年10月26日

2019年10月24日 支援職員出発式を開催

 双葉町では台風19号で河川の氾濫、堤防の決壊など甚大な被害を受けたいわき市に対し10月28日から5日間、罹災証明書などの発行のため職員2名を派遣することとし、10月24日にいわき事務所において出発式を行いました。
 伊澤町長は「役場機能をいわき市に移して6年余りが過ぎ、その間いわき市には物心両面にわたり支援を受けており、少しでも恩返しになればうれしい。派遣される職員はしっかりと与えられた業務を遂行してほしい」と激励いたしました。
画像001 画像002

2019年10月24日